伝統工芸品 江戸切子

  • 浦和レッドダイヤモンズモデル

江戸切子ができるまで

  • 彩鳳の文様

    彩鳳では、伝統を大切に受け継ぎながらも、新しいこと・新しい文様への挑戦をしています。従来の文様のイメージを一新するような大胆な現代文様を作り上げました。

  • 素材へのこだわり

    江戸切子彩鳳の素材は国産の手作りガラスを使用しています。江戸切子と同じく東京の伝統工芸である「江戸硝子」の技術を受け継いた職人の手によるものを使用しています。

  • 色へのこだわり

    江戸切子といえば、青と赤のグラスを思い浮かべる方も多いと思います。彩鳳では従来のイメージにある青や赤ばかりでなく様々な色のグラスに伝統技術を活かした文様を施しています。

1 of 3

作品展出品、アート作品

  • 伝統工芸士

    彩鳳は経済産業省が認定する江戸切子の伝統工芸士を最も多く擁する硝子工房です。

  • ハンドメイドの希少性

    「江戸切子」は大量生産が難しい、手作りによって生み出される製品です。

  • 素材の希少性

    生地と呼ばれる「被せ硝子」の生産が減少しており、素材の希少性も高まっています。

  • 日々に彩りを

    テーブルウェアとして食卓を飾るだけなく、日々の暮らしを華やかにします。

1 of 3